子どものイボはまず病院へ!

子どもにイボが出来た場合、まずは病院に行って診察してもらうのが最優先です。イボにはいろいろな種類がありますから、まずはそれを特定してもらって下さい。

 

そしてその時先生に、『特に問題無いイボだから切っちゃおうか?』と言われたら、その場では切らないで『様子を見ます。』と伝えましょう。

 

何故って?! 切ったらイボの跡が残ってしまうからです。

 

特に顔や首など見えるような部位に出来たイボなら尚更です。

 

下記のような、子どもや妊婦などにも使用OKなもので、まずは切らずにイボを取るようにしましょう!

 

多少時間はかかりますが、傷跡と比べたらそんなの・・・ですね!!!

 

 

 

艶つや習慣

艶つや習慣

 

WEB限定商品! 販売累計はダントツの50万個突破!!!
大容量の120g!全身に使えるので家族で使えます!
★女性だけでなく男性の愛用者も!
★ポロリ成分のアンズ・ハトムギ配合
★自宅で簡単毎日使えるオールインワンゲル

 

艶つや習慣公式HP

http://www.aqua-b.jp/

 

 

子供にイボが出来たら

気になるイボいやー!

 

イボは、子供でも大人でもできる場合があります。

 

高齢になると老化が原因となり、イボができやすくなることおありますが、良性のものであるため、それほど心配はいらないと考えられています。

 

ですが、イボの種類によっては、老化などによるイボでないケースもあるため、医療機関で診察を受けることも大切です。

 

子供に出来たイボをはじめ、イボは自分で判断するよりも、基本的にからだになんらかの変化があった場合には、医療機関に頼ることはとても重要です。

 

また、ウイルス性のイボなどができてしまうと、放置することで大きくなることもあり、また、イボの数が増えてしまうこともあります。

 

その他にも、子供に限らず自分の身近にいる家族などにもイボ感染の可能性がでてきてしまうため、できるだけ早く治療をするほうがいいでしょう。

 

また、子供の場合には、肌にイボができてしまうと、つい爪などでひっかいたり、傷をつけることもあります。

 

そうすると、肌のほかの部分などにも、ウイルスが感染してしまう可能性が高くなるため、子供にイボができた場合には、基本的には触れないように、念をおしておきましょう。

 

また、家族も、子供からウイルスをもらわないように、注意しておくことも大切です。不用意にイボに触れたりしないようにしましょう。

 

 

医療機関でのイボ治療ではいくつかの方法があります。

 

液体窒素などを使う方法などもありますし、また、人によっては別の治療法が効果がある場合も考えられるため、医療機関で医師の判断にゆだねるのも一つの手段です。

 

 

市販薬などでもイボ対策のものがあります。私はイボに関してはまずはコチラをおススメしますが、気になるようなイボの場合、、医療機関での治療をするほうが、安心できる事もあると思います。

 

このあたりは、子供の場合や自分の場合、他の家族の場合など、その時の判断が良いかと思います。

 

 

基本的にイボは、良性のものならばいいですが、悪性だった場合の可能性なども考慮すると、医療機関で適切な治療を受けることが望ましいといえます。

 

イボは、いつどのような時にできるかは予測できません。また、子供の場合には、自分で肌の異常に気づかないこともあります。

 

親も、子供の様子を常に見守りながら、体などに異常がないかなども、日頃からしっかりとチェックしてみるのも、早期発見につながります。

 

 

 

 

 

ウイルス性イボはうつるから病院に行きましょう

子供も大人も関係なく、ウイルス性イボを引き起こすのは、ヒトピローマウイルスです。

 

このウイルスは昔からあらゆる地域で存在していましたが、人間にしか感染。人間の皮膚や粘膜に感染し、手足や顔、腕などにイボを作ります。

 

子供も大人も関係なく、人間から人間にうつるものなので、ウイルス性イボを見つけたら早く治療するのが良いです。

 

健康な皮膚では増殖できませんが、アトピー性皮膚炎などで皮膚に傷があると感染しやすいです。

 

他にも水仕事による手荒れやヒゲ剃り負けなどでも感染することがあります。

 

日頃から肌をしっかり保湿していると、肌のバリア機能が維持できて感染予防になります。

 

また怪我などで傷ができてしまったら、消毒を行います。ウイルス性イボができてから抗生物質を使うと症状が悪化するので避けます。

 

子供は大人と比べて怪我が多く免疫力が低いため、特に感染に注意しなければなりません。

 

ウイルス性イボを液体窒素で治療するのは昔から行われてきたことです。液体窒素はマイナス196℃なので、冷やすというより焼き切ることでイボを除去します。

 

低温火傷によって痛みを感じることがありますが、1回の治療では表面しか焼き切ることができないため、何回か通院しなければなりません。

 

3ヶ月〜1年と長期に及びますが、保険が適用されるので費用は安くで済みます。

 

ウイルス性イボはサリチル酸だけでは治すことができません。サリチル酸は皮膚表面を柔らかくするだけなので、そのまま放置すればウイルスが広がってイボが増えてしまいます。

 

病院で医師がサリチル酸を提案することもありますが、多くの場合でサリチル酸で表面を柔らかくして液体窒素やレーザーなどで除去するという治療法を行います。

 

サリチル酸を含んだシールがドラッグストアなどに売ってあるので、病院に行かないで治療しようとする人も多いです。

 

しかしそれらの商品は老人性イボに効果を発揮するもので、ウイルス性イボを治すことはできないので、病院の治療を受けることが大事です。

 

 

 

 

軟性繊維腫のイボ

この種類のイボは子供ではなく大人に多くみられるイボですが、首や脇などの脂肪が重なった場所、女性だとブラジャーの紐付近の皮膚など、皮膚と皮膚または皮膚と衣類がこすれて摩擦されるところに、イボのような皮膚の突起が出てきます。

 

さらに、肌が乾燥していると、肌に刺激を受けやすくなり、イボができやすくなります。

 

これは、軟性繊維腫というもので皮膚老化よる皮膚の変化であり、病気ではありません。

 

「腫」と付くと、ガンなどの恐ろしい病気を想像してしまいがちですが、軟性繊維腫は良性の腫瘍なので、安心して大丈夫です。

 

これらは、加齢とともに増えていくイボとされており、一般的に30代くらいからイボとして発症して、年を取れば取るほど発症する確率が高くなっていきます。

 

この軟性繊維腫のイボは、治療しなくても生活や健康に支障があるものではありません。

 

顔などの、人から見られる箇所にイボができたなど、どうしても気になるようならば、取ることも可能ですが、生活に支障(痛みなど)が無い限り、保険の対象にはならないので注意が必要です。

 

この種のイボの治療が必要なものとは認められていないということですね。

 

 

この軟性繊維腫のイボを取り除くための治療としては、

 

@ハサミで切る
A液体窒素を使用して、凍結させる
B電流で焼く

 

などが一般的です。

 

 

とても短時間でおわる処置がほとんどのため、どうしてもイボを切除したい時には医師に相談をしてみても良いのではないでしょうか。

 

しかし、軟性繊維腫のイボを取り除いたあとも、同じ場所または違う場所にイボが再発することは十分に考えられます。

 

そのため、皮膚の摩擦を減少させるなどの根本からを見直さなければ、常にイボの治療をし続けることになります。

 

費用が高い上に、何度も治療をする必要があるならばと、自分でイボを取り除こうと、自力でおこなう方もいますが、むやみにはやらないほうが良いでしょう。

 

 

イボ専用のスキンケア化粧品なども販売されているので、私はそれらをおススメしますね!

 

 

 

 

 

角質粒というイボ

角質粒とは、加齢と共に見られる小さな粒状の非感染症のイボのことです。

 

直接は子供のイボとは関係ないのですが、イボというとこの角質粒が真っ先に挙がってくるので簡単にお伝えしておきます。

 

この角質粒は、放っておくと、本物のイボになってしまいますので早めの対処が必要です。
角質粒は、古い角質が蓄積されて固くなったもので、原因は加齢による肌のターンオーバーの遅れです。

 

肌のターンオーバーは一定周期で行われていて、20代、30代、40代、50代と、どんどん周期は長くなりますので、
肌再生を行うターンオーバーの遅れにより古い角質は蓄積されやすくなります。
また、加齢に伴う肌再生の遅れ以外にも、食生活や生活の乱れも角質粒に大きく関係しています。

 

食生活は、欧米の食生活が多く取り入れられているため野菜不足の状態です。また、過剰な脂肪分、糖分、油などが肌の状態を悪くしています。

 

健やかな肌状態を保つ為には、旬の新鮮な野菜をメインに、ビタミン類を積極的に摂取し、ミネラル、酵素などをバランスよく体に補給することが必要です。

 

そして、食生活と同様に重要なのは生活習慣です。

 

人間の体には成長ホルモンが分泌されていて、特に夜の10時から深夜2時頃の間はしっかりと睡眠を確保するのが
非常に大切です。成長ホルモンは肌のターンオーバーにも大きく左右するので就寝時間が遅い人や睡眠時間が短い人は改善する必要があります。

 

角質粒を治すためには、時々ピーリングや、オイルマッサージ、クリームなどで保湿を心がけます。
マッサージには杏仁オイルやオリーブオイル、ヨクイニンエキスが効果的だと言われています。
ピーリングは角質粒には効果的ですが、肌に負担がかかるのでやりすぎには注意します。
角質粒は小さなうちに治すのが鉄則です。大きくなってしまうと自分では治せなくなってしまいます。
その場合、専門医のもとでレーザー治療や液体窒素による治療、メスやハサミを使っての切除ということにもなりかねません。

 

角質粒を防ぐ為には、日ごろから質の良い睡眠、バランスの良い食事、適度の運動を心がけ、規則正しい生活をおくりましょう。

 

子供のイボは基本的にウイルス性イボか、遺伝的なイボが多いのですが、私達親の立場から考えてみた場合、この角質粒(老人イボ)は避けては通れないイボと言えると思います。

 

なのでこの機会にちょっと頭の中に入れておかれることをおススメします。

 

 

 

艶つや習慣

艶つや習慣

 

WEB限定商品! 販売累計はダントツの50万個突破!!!
大容量の120g!全身に使えるので家族で使えます!
★女性だけでなく男性の愛用者も!
★ポロリ成分のアンズ・ハトムギ配合
★自宅で簡単毎日使えるオールインワンゲル

 

艶つや習慣公式HP

http://www.aqua-b.jp/